玄関鍵をプチリフォームでスマホを使って開閉する

スマホを家の鍵にする方法

年を取るとともに、物忘れしがち。家を出た後しばらくして「あれ、家の玄関の鍵しめたっけ?」と思うことが多くなりました。
そこで調べたら、玄関ドアに後付けできるスマホを利用した鍵をいくつか見つけました。そのうち2つをご紹介します。

まずはQrio Lock。両面テープで既存の玄関ドアに張り付けるだけのプチリフォームで設置完了です。Amazonなどで購入できます。
スマホをもって玄関ドアに近づくだけでドアが開くので、毎回鍵をポケットやカバンから出して開け閉めする必要がありません。反対にドアから離れると自動で鍵が締まります。スマホを持っている家族は合鍵共有という機能を使って皆さまで利用できるそうです。また、鍵の開け閉めの履歴が残るため、誰がいつ出入りしたか分かり、セキュリティ対策にもよいでしょう。離れて暮らす高齢者の家につけて、スマホで履歴確認することで安心できるプチリフォームになるでしょう。
一番の利点は、ドアに穴を開けたりせずに設置できるので、ドア取替えのリフォームする前にまずはオートロックがどんなものか試せることかと思います。

次は流行りのサブスクリプションモデルのbitlock LITE。初期費用不要、月々300円から利用できます。
こちらも付属のシールで取付けできる、プチリフォーム型で、同じくスマホで開閉できて履歴も残ります。
アタッチメントパックがオプションでついていて、メーカーいわくほとんどのドア鍵の形状に合わせられることがウリのようです。 ドアの外側の鍵穴はそのまま残るので、今使っているカギも使えます。もちろんスマホを持っていれば手ぶらで鍵を開けることも可能。防水機能も付いているとのことです。 また、オプションでスマホがなくても鍵を開閉できるリモコンも提供しています。小さいお子さんやおじいさん、おばあさんにはこちらを使ってもらうこともできますね。

bitlock LITE 写真はbitlock LITE製品ページより引用。写真をクリックするとメーカーサイトを表示できます

どちらも自宅のドアの形状などによって設置できないこともあるので、購入、設置前に各商品Webサイトで調べたり問合せして、しっかりご検討ください。どちらも機能としては似ているところが多いですが、料金体系も違うので、問合せ時の対応がキーポイントかもしれません。
玄関のリフォームにご興味をお持ちでしたら、こちらのリフォーム事例もご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です