明るいお家で快適生活

お家の各所で明るさを調節する方法

明るさの好みは人それぞれですが、それでもお家の中では明るい状態で顔や文字などをはっきり見たい洗面所などと、少し暗めの間接照明などでゆったりと過ごしたい寝室などで、部屋ごとに光の調整をすることでより日常生活が快適にすることができます。明るさで人間の気持ちが変わることもあるそうですので、ぜひ参考にしていただきたいと思います。

購入したての一軒家やマンションで、その当時は最適だった明るさも、時がたち不便さが目立つことも。知らないうちに小さなストレスをため込まないように、以下を参考にプチリフォームをしてみるとよいかもしれません。

洗面所はリフォームでより明るくすることで、老眼の方が顔が良く見えて体調の異変に気づいたり、女性が化粧のチェックを細かくしたり、歯の健康状態を確認したりするメリットがあります。
洗面所を明るくするのは、窓からの太陽光だけでなく、照明の位置や照度はもちろんのこと、壁紙や洗面台の色で上下左右からの光の反射を工夫することで明るさを増すことができます。

洗面所以外でも、キッチンやリビングも同様にリフォームで明るさを増すことが可能です。

逆に、より暗くしたいときはカーテンの遮光度を変えたり壁紙や床の色を落ち着いたものに変えるなどの工夫をするのが良いかと思います。壁紙や床はまずは明るさを変えたい部屋の一部で、理想に近い色や柄の画用紙などを100均などで調達して、リフォームのイメージを掴むと失敗の確率が下がります。

各部屋を利用用途に応じて最適な環境にすることで、日々の暮らしがより快適になり、心身ともにより健康になるでしょう。
リフォームを通じて、皆さまの快適生活を、西部がお手伝いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です