住宅のリフォームとリノベーションの違い

いわき市やその近郊では部分リフォームから

弊社ではリフォームの相談から施工、アフターフォローまで一貫して行っていますが、まれに「リフォームとリノベーションはどう違うの?」と疑問を持たれる方がいらっしゃいます。
これは住宅建築の業界でも定義は様々で、またネット上のウィキペディアや各リフォーム事業者の説明ページごとに、微妙に異なっていることもあります。

結論は、一般的には住宅の大規模な改修工事をリノベーション、部分的な改修工事がリフォーム、というのが通説です。しかし、その線引きは不明確です。ちなみにウィキペディアでは下記のように説明しています。

リノベーションとリフォームは混同されやすい言葉である。どちらも住宅に手を加える点では同じだが、厳密にはその目的の部分で次のような違いがある。リフォームは「老朽化した建物を建築当初の性能に戻すこと」を指し、元に戻すための修復の意味合いが強い。古くなったキッチンを新しいものに変えることや、汚れた壁紙を張り替えるなどの小規模な工事は「リフォーム」に分類される。
一方リノベーションは、修復だけでなく「用途や機能を変更して性能を向上させたり価値を高めたりする」行為も含むため、より良く作り替えるという目的が含まれている。工事の規模も、間取りの変更を伴うような大規模なものを指すことが多い。英語ではどちらも「renovation」であり、reformは住宅の改修という意味では使われない。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

上記は「リノベーション協会」がリフォームとリノベーションの違いを説明した内容をベースに書かれているようですが、あくまで協会の見解で、少々リノベーション業界の商業的な意図があるように感じます。

リフォームした白いリビング

いわき市内や近郊の方々のリフォームをお手伝いしていると、上記に見られる「リノベーション」の定義にあるような、”住宅の価値をあげる”ことはあまり求めていないと思います。先祖代々の土地に建てた家屋や、ご自身が建てた住宅にずっと住みたい、だから大規模に改修工事をするよりも、弱ったところや不便なところをコツコツ直していくニーズがほとんどです。また、費用面でも一度に大きな金額を支払ったりローンを抱え込んだりということは、家計にとって避けたいリスクでもあります。

よって、弊社では、かなり傷んだ中古住宅を購入して改修工事する場合などを除けば、長期的なプランを考えたうえでリフォーム自体は段階的に工事作業していくことをお勧めします。快適な生活を保つためのこのような地元いわき市近郊のニーズに、丁寧に応えて提案していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です